動力盤交換・配線整理工事

 

動力盤の耐用年数は、周辺環境により大きく異なりますが、約15年くらいと言われています。

動力盤のトラブルは、設備の急停止をもたらすため、そうなる前に対策を行うべきです。

今回は動力盤の交換と、それに伴う配線の整理の事例をご紹介します。

事例の概要

お客様のお困りごと

鉄筋工事業者様より、動力盤の交換工事のご依頼をいただきました。

既存の動力盤が老朽化して使い勝手が悪いため、不要な配線を取り除いてすっきりさせたいとのことでした。

工事の詳細

不要なブレーカーを整理し、新しいものへと交換しました。

多くの配線が煩雑に出ていたものについても、すっきりと整備しました。

配線が複雑に絡まっている状況は、最悪の場合火事の原因になるなど、非常に危険です。

そのような場合は、分電盤の改修等とあわせてしっかりと整備することが重要です。

 

業種 鉄筋工事業
工事種類 分電盤改修工事
対象設備 分電盤(ブレーカー)
お客様のご要望 分電盤の改修と配線の整備
当社の提案 分電盤の交換

工事の様子

施工前

 

分電盤は老朽化が進んでおり、また、大量の配線が絡まって煩雑なものになっていました。

 

 

 

施工後

 

分電盤を新しいものに交換しました。

また、配線も整備し、見た目もすっきりとしました。

 

 

最後に

今回の工事対象の施設は、建物自体がリニューアルされたばかりでした。

そのため、老朽化して使い勝手も悪く、見栄えもよくない分電盤の工事に至るいい機会となっていました。

分電盤や配線の整備は、見た目がすっきりするだけでなく、設備の運用上安全性の面からも効果的です。

古い分電盤を長年使用し使い勝手が悪くなってきた、配線がごちゃごちゃしてきたという方は、私たちにお声がけください。

京都・大阪の工場・プラント、商業施設、マンションの電気工事はお任せください

資料請求

株式会社小川電気商会

〒610-0302
京都府綴喜郡井手町大字井手小字北猪ノ阪6

©2020 Ogawa Denki Ink.