テニスコートの外灯工事

 

屋外の照明は、雨や雪温度差などの影響を受けるため、屋内よりも劣化が早く進みます。

また、周辺環境によってその劣化速度は大きく異なり、元々畑や田んぼ、池や沼地だった場所は地中に水分が多く含まれており、
特に注意が必要です。

今回は屋外の外灯工事を事例をご紹介します。

事例の概要

お客様のお困りごと

屋外テニスコートの外灯(LED照明)が漏電を起こし、ブレーカーがトリップしたため対応してほしいとのご要望でした。

元々は田んぼだった土地を盛り土してテニスコートにした場所のため、地中の湿気が多い環境でした。

工事の詳細

地中の湿気で照明柱内のブレーカーに湿気が回り、漏電したことが原因でした。

ブレーカーを取り出し、ケーブル同士を接続する作業を行いました。

 

業種 医療・福祉事業
工事種類 外灯工事
対象設備 LED照明柱
お客様のご要望

ブレーカーが落ちたため対応してほしい

当社の提案 ケーブルの接続

工事の様子

施工前

 

照明柱の内部を開けると、ブレーカーが落ちた状態でした。

 

 

 

施工後

 

外灯の全体像です。

ケーブルを接続し、復旧しました。

 

 

最後に

ブレーカーが落ちる(トリップする)原因は主に過電流過電圧漏電の3つです。

屋外は雨や風にさらされるため、特に漏電の確率が屋内よりも高くなります。

また、今回のように元々湿気が多い土地だった場合、地中の湿気から漏電するというケースもあります。

漏電による火災等を防ぐためにブレーカーが作動して回路を断ちますが、復旧作業は危険を伴うこともあります。

そのような場合は、私たちのような電気設備の専門業者にご依頼ください。

京都・大阪の工場・プラント、商業施設、マンションの電気工事はお任せください

資料請求

株式会社小川電気商会

〒610-0302
京都府綴喜郡井手町大字井手小字北猪ノ阪6

©2020 Ogawa Denki Ink.