空調設備の補修・メンテナンス R22

空調設備の補修・メンテナンス

夏場の空調故障は事前に防ぐことがポイント

大切なのは、故障前の予防保全です。
定期メンテナンスも重要ですが、空調の故障の予兆をご紹介します。
以下のような事象が見られたら早めにご相談ください。

空調故障の予兆

R22冷媒使用の空調設備がある場合は早めの更新をオススメします

1987年「モントリオール議定書」、1988年「オゾン層保護法」により、R22の新規製品への使用は先進国では2020年までとなり、以降実質全廃となります。 2020年以降も補充用冷媒に限り、ごく少量について2029年までに生産が認められています。 しかし、実質的に流通量はほぼゼロになります。 そうなることによって、以下のような事象が想定されます。

今後R22使用機器の運用で想定される事象

● 交換用R22冷媒の入手困難
● 交換用R22冷媒の価格高騰

結局、実は「更新の方が安価になってしまう」というような流れがより顕在化していくことが予想されます。
そのような工場様へ、小川電気商会からご提案があります。

今年の夏を乗り越えるための早期メンテナンス

まずは空調の延命化処置からスタートする!

今すぐ取組み夏を乗り切る空調設備更新

今から最短スケジュールで工期を設定します。

今年の夏は無理だが・・・補助金活用の設備更新

省エネ補助金を活用し導入コストを抑えて設備更新!

空調設備のお困り事でしたら小川電気商会にお任せください

京都・大阪の工場・プラント、商業施設、マンションの電気工事はお任せください

資料請求

株式会社小川電気商会

〒610-0302
京都府綴喜郡井手町大字井手小字北猪ノ阪6

©2020 Ogawa Denki Ink.